JENCAでは「健康経営」を下記のように定義づけ、支援を行っています。

株式会社日本政策投資銀行では、健康経営を「従業員の健康増進を重視し、健康管理を経営課題として捉え、その実践を図ることで従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上を目指す経営手法」と定義しています。

そして、中小企業を法人格をもった人と置き換えると、「企業の健康管理を経営課題捉と捉え、その実践を図ることで企業の健康の維持・増進による黒字体質化と主体性ある従業員育成を実現させる経営手法」と定義を書き加えます。

また、JENCAと密接に関係性のあるJa-BIGは、企業の健康管理を経営課題と捉えて、税理士の立場から顧問先企業に対して「健康経営」への変革を促す「未来会計:MAS監査」を提唱し、全国で実践の輪を拡大しています。

さらに、経済産業省が推進するローカルベンチマーク(企業の健康診断ツール)を参考に「健康経営」実現に向けての経営改善が求められており、JENCAでもローカルベンチマークを使用した「未来経営診断ツール」を利用し、中小企業の健康経営に貢献しています。