未来経営診断ツール(MRI)

未来経営診断ツール(MRI)は、「単年度の事業性評価」を行う経産省のローカルベンチマークに改良を加え、事前に作成された事業計画書に則り、未来の5カ年度分の事業性評価ができます。

またMRIとは、
management(経営)
reforming(改善)
improvement(向上)
の頭文字を取ったものです。

医療機関で使用されるMRI(核磁気共鳴画像法)は、体の内部情報を断層画像として撮影し、いち早く体の異変や病理(病気の原因)究明に効果を発揮する医療機になりますが、JENCAのMRIも同様に、企業の健康経営に対して極めて有効なツールであり、自覚症状がない早期の時点での課題の発見、原因の究明に役立つツールです。

現在、多くの未来会計を推進している税理士事務所を中心に利用の輪が広がっており、中小企業の健康経営になくてはならないツールと評価頂いております。

さらに、金融機関でもこのローカルベンチマークを利用した融資の報告が成されており、単に課題発見、原因究明のツールだけではなく、金融機関から融資を引き出すツールとしても効果が期待されるツールです。